FC2ブログ
2020/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
プロフィール

RS

Author:RS
白黒部長リンリンです。
ANYA航空会社の元パイロットです。
愛する社長のもと、他社員とともに
頑張っています。
飛べない猫はただの猫

部長⇒猫
社長⇒夫
ねこすけ⇒むすこ
秘書⇒むすめ
私⇒平社員
たまにいろいろ非常勤

black cat
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Monthly Archives
カテゴリ
会いたい猫








コメントに返信できておらずすみません。
部長がいなくなってまもなく2か月。
まだ慣れないです。





食事をしていても、いつもなら足元に部長が・・・。
帰宅してもいつもなら部長が迎えてくれるのに・・・。
と、いつもいつも見えない姿を探しています。






49日過ぎても納骨する気になれず
そばにいて欲しいと思うので
結局部屋の隅にそのまま・・・。





きっとこの先何年もずーっと
リンリン部長を想いながら過ごすのでしょう。






昨日、4月1日は部長の誕生日でした。
生きていたら18歳。
天国で仲間たちとシーバパーティでも
してるかな、部長。












20190401.jpg








人気ブログランキングに参加しています。
お気に召しましたらポチっと応援お願いします

    ↓




banner.gif












スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)

僕のママも…
Risaさん こんにちは。

本当は僕、部長よりずーっと前に天国にきちゃてたんです。
僕が7歳の誕生日を迎えすぐに あんまり慌てて行っちゃったもんだから、
ママは何がナンだかわからなくって・・・ どうしても手放せなくて・・・
5年たっても僕はリビングにいま~す! (^_-)-☆
今は僕と華ちゃんとふたりで待っています。
いつかママと一緒に粉こなになって風に吹かれて大地に帰る日を・・・
僕はそんなママが大好きです!

僕も8.5kgで虹の橋を ウンショ、ウンショと登って来ました。
こっちにも部長好みの可愛い娘ちゃんが待ってますよ。 (*^_^*) 



No title
部長のあの存在感。見えないけど社内を今でも歩いてまわって、見守っているかも…。


No title
私は15年経つけど側においています‥‥。


No title
うちは8年、これからもずっと置いておくつもりです。
私が死んだら一緒に散骨してもらいたいのですが・・
子供もいないので誰に頼めばいいかなぁ・・・


RSさん、私、さっきリンリンちゃんのこと知りました。
ずいぶん遅くてすみません。
リンリンちゃん、だいぶがんばってくれましたね。
今頃はまりんと虹の橋で遊んでいるかな。
まりんの時からリンリンちゃんとRSさんとのお付き合いが始まって、リンリンちゃんには長い間ずいぶんと和ませてもらいました。
リンリンちゃん、ありがとう。

ウチは今もまりんにそばにいてもらってます。
私が死ぬまで納骨することはないと思います。
7年たった今でも毎日まりんに話しかけています。

RSさん、おつらいとは思いますが、
あまり無理しないようにご自愛ください。


No title
小さな身体だったのにいなくなると、部屋がすごく広く感じちゃいますよね。

ペットの納骨堂があれば預けることも考えるけど、どこにでもあるわけではないし。
うちもコーナーを作ってそこにいてもらっています。
そして毎日話しかけています。

りささんが思い出したら、部長はいつでもいてくれるし、今はまだ悲しい気持ちの方が大きくても大丈夫です。
部長は今頃すっかり軽くなった体で走り回り、シーバ食べまくっていることでしょう^^


お帰り
部長様、お久しぶりです。綺麗な色ですね

姐さんは、こちらから持参した紫の風呂敷でかえってきました
今でも実家の仏壇側で綺麗な花に囲まれています
華太は姉宅でミミ太がいたずらをしないようにガラスケースの中にいます

事あるごとに、あっ姐さんはいないんだ・・と思い知らされています
実家には介護もありどうしても週2~3日は行かねばならないの
今日もこれから行きます
花瓶の水をかえるのが日課になりました

桜満開、色々と踏ん張り中です!


No title
ずっと、ずっと
大好きな家族と一緒でいいと思います (^^)


分かります。
うちも、17歳で送ったのが、ちょうど10年前。ifペンダントも付けましたよ。
で、まだ、居間に置いています。なんだかんだと話しかけたりしています。


No title
部長、お亡くなりになってたんですね。
遅くなりましたが、お悔やみもうしあげます。
 
我が家も、にゃん太が昨年の5月、久子が6月に天国に旅立ちました。
18歳と17歳
遺骨は家に置いたままです。離れたくないので。
ホントに寂しいですね。
お気持ちお察しいたします。
1年たちますが、いまだに泣けますよ。これからもポッカリ空いた穴はふさがらないと思います。

同じ霊園かな?カバーに見覚えが(笑)


承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです


承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです


僕は風(ふう)。さんへ
こんなに遅い返信になってごめんなさいね。
> 僕も8.5kgで虹の橋を ウンショ、ウンショと登って来ました。
> こっちにも部長好みの可愛い娘ちゃんが待ってますよ。 (*^_^*) 
8.5キロで渡ったなんてすごいね!だったら部長もきって
頑張って渡ったのかなぁ…。その先にかわいい子がいるなら
きっと頑張るよね 笑 部長が楽しく過ごしているなら
それが一番うれしいです。


ぱせりさんへ
あれだけの存在感だったので部屋の中が
ひろく感じるほどです 笑
いなくなってしばらくは部屋にいたと思います。
社長が「絶対いる、匂いがする」って話していました。
一瞬でいいから姿を見たいです。



ゆきさんへ
ゆきさん、大変遅い返信申し訳ございません。
15年も一緒なんですね…。きっと私もずっと
そばにいるんだろうなと思っています。
ずっとそばにいてほしいですもの。
いつもありがとうございました。


やすさんへ
大変遅い返信となり申し訳ございません。。
> うちは8年、これからもずっと置いておくつもりです。
> 私が死んだら一緒に散骨してもらいたいのですが・・
> 子供もいないので誰に頼めばいいかなぁ・・・

やすさんは8年一緒にいるんですね。
きっと私もずっとそばにいると思います。
転勤族なのもあり…。そして私も一緒に散骨してもらいたいです。
でもたしかに誰にお願いするかって問題ですよね。
そういう人は増えてくると思うので、もしかしたらそんなことを
お願いできるなにかしらの会社もできたりするのかしら。


にゃんさんへ
にゃんさん、今更ながらこちらへの返信となり
申し訳ございません。。にゃんさんには本当に
温かいお付き合いをしていただき感謝です。
そしてこれはまりんちゃんと部長がつくってくれた
ご縁なんですよね。ペットロスがこれほどのものとは
思ってもいませんでした。本当にきついですね…。
でも、にゃんさんのように、部長が次の出会いを
もってきてくれたように思います。もしかしたら。


みーにゃママンさんへ
みーにゃんママンさん、このように遅い返信、果たして
読んでいただけるかもわかりませんが、申し訳ございません。
17年ですか。うちと同じくらいだったんですね…。
結局うちもずっと部屋に置いておくことになってます。
話かけられるしそこにいるような気がして(笑)。
if、やっぱりつけられましたか。我が家、ついに祖父には
人間用をプレゼントしました(笑)。なんだか調子がいいとか
話しておりますが、果たしてその効果は…。


YUKAさんへ
YUKAさん、このような遅い返信を見ていただけるか
分かりませんが、温かいお言葉ありがとうございます。

>  
> 我が家も、にゃん太が昨年の5月、久子が6月に天国に旅立ちました。
> 18歳と17歳

連続でそれだけ長く一緒だった子とお別れするなんて
どれだけお辛かったでしょうか。この別れの悲しさが癒えることは
ないなと思いつつそれでも最近は次の子を…と考える余裕ができて
きました。

> 同じ霊園かな?カバーに見覚えが(笑)

あ、そうかもしれないですね。
家族4人、号泣しながら部長を見送りました。
でも、温かく接していただいた霊園のスタッフさんに感謝です。


さくらのママさんへ
さくらのママさん、このような遅い返信になり
大変申し訳ございません。
そして、部長と誕生日も見た目も近いさくらちゃんと
お別れされて、とてもとてもお辛い日々だと思います。
天国へ旅立った日もとても近くてびっくりです。
さくらちゃんと部長、天国でお互いを見てびっくり
したかもしれないですね(笑)。そっくり!!!って。
私も同じように部長は幸せだった?私たちでよかった?と
まだ考えてしまいます。
私たちは部長に本当に感謝しかありません。



ごやこさんへ
ごやこさん、いつも温かいコメントをありがとうございます。
こんなに遅い返信で申し訳ございません。
部長はこちらのブログでいろんな方に応援してもらって
本当にありがたい思い出いっぱいでした。
部長と出会ったことで私の出会いも広がりました。
また次なる出会いを大事にしたいと思いつつ…。